葺き直し現場にて。やはり肝心!下地材!

住所 遠賀郡
費用
工事期間 10日間
施工内容 既存石州瓦を使用しての葺き直し工事、及び板金屋根リフォーム工事

ご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ

葺き替えをされて10年ほどしか経過してないそうですが、残念ながら雨漏りが・・・

調査してみると、下地材が破れており防水の意味をなしていない部分がありました。

現在の瓦の状態は全く問題ありませんので、既存瓦の葺き直し工事取り掛かります。

板金屋根部分は劣化が進んでましたのでこちらもリフォームします!

040

施工前の状態です。こように、既存瓦(石州陶器瓦ブラック)自体はきれいなままです。

041

061

板金屋根部分は今回完全リフォームさせて頂きます。

雨漏り原因

塩化ビニール系の下地材が使われていたようですが、このように亀裂が入っていました。

001-1 SN3U0889

既存瓦、既存板金を撤去し、下地を新しく張り替えます。

-1

 下地は防水機能が高い改質アスファルトルーフィング、モラサンEを使用します。

010-1

 015-1

既存瓦を再び荷揚げし葺いていきます。

IMG_0539-1壁際のルーフィングの立ち上がり、雨押え板金施工もとても重要な施工ポイント箇所です。この部分からの雨漏りも少なくありません。

003

何の加工もしておりませんが、キラキラと葺き上がりが輝いております。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜さすが石州瓦!

IMG_0540-1IMG_0537

 板金屋根部分もリフォームされました。

ご質問・ご相談は「お問い合わせ」ページをご覧の上、お電話または専用フォームよりお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ